海外留学

海外に留学する人が年々増えているようです。また、海外留学は高校生や大学生だけではなく、小学生の短期の海外留学もあります(もちろん親も同伴の場合もあります)。

海外留学支援ガイド

海外留学を考える

海外留学をしたい、海外留学させたいと考える人は、いろいろないきさつや目的があると思います。社会人や大学生、高校生は海外で自分の語学を高めるという語学留学、中学生、小学生はやはり、海外で生の英語を学ばせるという、語学留学を目的とする方もいますが、スポーツや芸術などの場合もあります。

1 「なんとなく」海外留学?

海外留学をしたいとか、海外留学をさせたいと考える方は上記のような理由がほとんどですが、中には「なんとなく・・」と考える人もいるかもしれません。しかし、せっかく貴重なお金と時間を費やしていくのですから、やはりしっかりとした目的を持ちましょう。まず海外留学を行う上で最初に行うことは、荷物の準備でも会社を選ぶことでもなく、海外留学で「何を行うか(何をしたいのか)」を明確にすることなのです。

もし、「なんとなく・・」で海外留学に行きたいと言えば、家族や恋人に反対されることが多いでしょう。海外留学は、それだけのお金を必要としますし、中には海外は「危険」だと考えている人もいます。確かに、銃を持つことを許されている国もありますし、なにより近くに親類がいないためでしょう。しかし、しっかりとした目的があるのなら例え家族や恋人には目的を告げて説得することができるかもしれませんし、いざ海外へ行って不安になっても、目的があるのとないのでは、気持ちと覚悟が違います。

海外留学は自分自身を大きく成長させることのできる機会です。ただ、海外に行くだけなら、旅行の方が制限も少ないのでいいはずです。海外留学で何を行うか(何をしたいのか)という目的をしっかり持ちましょう。

2 みんなの目的は

海外留学生へのアンケートの調査では、海外留学の動機で1番多いのは、「語学力(英語力)の向上」のようです。次が「留学先への国への興味」、3位は「将来のため」とつながるようです(情報少ないため信用薄し)。このことから考えると、学問を習得するよりも、まずは生の英語に振れて、語学力を向上させることが先決のようです。これは、日本人の語学教育に問題があるからだと言われます。

また、海外への留学は海外の大学へ入学するわけではなく、そのほかの分野にもおよんでいるようです。上記の項目で挙げたように、スポーツのためです。最近では、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手、「ハニカミ王子」こと石川遼選手、「テニスの王子」こと錦織圭選手などスポーツに関心が高まってきているのも理由の1つかもしれません。また日本では中々行えない、乗馬やゴルフ、飛行機などのスポーツも充実しているためもあるでしょう。

また海外生活を仕事しながら学ぶワーキングホリデー、語学を学ぶことを目的とした語学留学など海外留学の範囲の多様化してきているのです。

海外留学への興味を持つのは、最初の最初は、語学やスポーツのためではなく、海外生活への憧れではないかと思います。確かに日本では経験できない体験を積むことができますし、海外就学経験者は、留学できるならば、留学を薦めるという方も多いようです。また、実際に海外で手から、真の意味で留学の目的を見るける場合も多いでしょう。海外へ留学するという目的が語学力の向上でも、環境が変れば目的も変る可能性はあると思います。

Valuable information

川崎市の動物病院あいあいペットクリニック

美味しい干物の通販

レディース用ロレックス

発毛シャンプー悩みを解消!

スマートフォン 買取